メリットとデメリットについて

本物のような歯を埋め込む

歯の病気が悪化すると、歯を抜いて治療しなければいけません。
歯が抜けている状態を放置すると汚れやバイ菌が溜まりますし、噛むバランスが悪くなりうまく食べ物を噛めなくなってしまいます。
代わりの歯を埋める治療が行われるのが一般的です。
この時にインプラントを選択する人が増えているので、人気の理由を探りましょう。

特に注目されているのは、目立たないという部分です。
他の方法だったら穴を埋めることはできても、人工的に作られた歯だと一目でわかってしまいます。
見た目の問題から人前に出たり、歯を見せて笑ったりするのが恥ずかしく感じるかもしれません。
インプラントなら本物のような歯を埋め込むので、至近距離で見られても気づかれることはありません。

基本は歯磨きをするだけで簡単お手入れ

入れ歯でも、失った歯を取り戻せます。
基本的に入れ歯は毎日消毒をしなければいけないので、手入れが面倒というデメリットが生まれます。
面倒な手入れが苦手な人は、インプラントを選択してください。
インプラントは1回埋め込むと、基本的に取り外しができません。
手入れといっても、歯ブラシで磨くのが基本になります。

手入れが簡単なので、口内の清潔な状態を維持できるでしょう。
入れ歯の手入れを怠ると、バイ菌が繁殖して病気になってしまいます。
リスクがあるので、冷静に方法を選択してください。
またインプラントで埋め込む人工的な歯は非常に丈夫で、固いものを食べても壊れません。
好きなものを食べられ、ストレスフリーに生活を送れます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る